入学案内

アドミッション・オフィス(A.O.)入試とは

A.O.とは欧米の大学に設置されている入試担当部門「アドミッション・オフィス」の略称であり、この部門では入試に関する専門職員(アドミッション・オフィサー)が学校独自の生徒募集、選考から入学後の学業面・生活面での助言や指導までを一貫して行っています。これをアレンジして採用した日本型のA.O.入試は大学において1990年に導入が始まり、近年では国公立大学や私立大学(過半数以上が導入)で積極的に実施されています。
欧米の大学が実施しているA.O.入試を日本の中等教育型としてアレンジした名古屋国際中学校が実施するA.O.入試には4つの特徴があります。

・学力試験だけでははかりきれない志願者の能力や活動成果および資質を多面的に評価する。
・在籍している学校等の推薦を必ずしも必要とせず、志願者自らをアピール(自己推薦)する。
・志願者との事前面接や提出された出願書類の評価に時間をかけて志願者理解につとめ、より丁寧な選考を行う。
・本校を強く志望する動機などを出願書類と当日の学力試験や面接をもとに総合的・多面的に判断する。

※A.O.入試は本校を専願とし、合格後必ず入学手続きをする方が受験できます。

A.O.入試の受験をお考えの方へ

A.O.入試の受験をお考えの方は、「A.O.入試登録フォーム」よりご登録ください。
名古屋国際中学校アドミッションオフィサー(入試専門職員)よりA.O.入試までの流れについてご説明させていただきます。

出願期間・試験日等

入試区分 入学試験日 試験教科 出願期間 合否発表日
A.O.入試 1/21(土) 国語・算数・作文
面接(保護者同伴)
1/10(火)
〜1/20(金)
1/24(火)

受験料

  • 出願に際して受験料15,000円の納入が必要となります。
  • 15,000円の受験料でA.O.入試・B入試の両方を出願できます。両方受験する場合は志願書のB入試にも○をつけてください。
  • 受験料の納入は出願前に必ず行ってください。
  • 受験料の納入方法
    下記の口座に振り込んでください。ただし、必ず受験生の名前で振り込んでください。
    三菱東京UFJ銀行藤ケ丘支店(252)普通口座1078588  学校法人栗本学園名古屋国際中学校
    ※入学志願書の裏に「利用明細票」を貼付してください。
    ※インターネットバンキングでお振込みの場合は、その記録がわかるものを同封してください。
     ただし口座番号など個人情報に当たる部分は消してください。

出願方法および注意事項

志願者は出願書類を本校所定の封筒(大)にて、窓口に持参するか簡易書留郵便で郵送してください。
窓口受付時間は平日の9時〜16時です。
<出願書類>
 A.O.入試入学志願書・志望理由書(本校所定)・活動報告書(本校所定)
 通知表のコピー(6年1学期・2学期)
 封筒(小)1枚(362円切手貼付)・360円切手(合否通知送付用)・宛名ラベル

  • 納入された受験料はいかなる理由があっても払い戻しはできません。
  • 出願手続後は、いかなる理由があっても出願書類の記載事項の変更はできません。
  • 郵送の場合は締切日必着とします。
  • A.O.入試出願希望者は、「A.O.入試登録フォーム」よりご登録ください。
    また、入試説明会にてアドミッションオフィサーとの面談を必ず行ってください。作文のテーマは、面談時にアドミッションオフィサーからご説明します。

入試当日の時間割

1月21日(土)A.O.入試
時間帯 試験時間 試験科目
8:40〜9:25 45分 国語
休憩(15分)
9:40〜10:25 45分 算数
休憩(15分)
10:40〜11:25 45分 作文
 昼食
12:25〜 - 面接

試験会場

名古屋国際中学校
※各志願者の試験会場は、当日、受付で提示いたします。

合否発表

  • 合否発表日に到着するように、志願者本人宛に合否結果を郵送いたします。
  • 合格者には、合格通知および入学手続き事項と学費等の振込依頼書を同封します。
    なお、合否に関するお問い合わせには応じられません。

入学手続き

  • 合格通知に同封されている入学手続要項にしたがって、納付締切日までに納入し、入学手続日に出校してください。
  • 所定の期間内に手続きを完了しない場合には、入学辞退者として取り扱います。

納付締切日

2017年2月3日(金)12:00

学費・諸経費

学費・諸経費についてはこちらをご覧ください。

問い合わせ先

名古屋国際中学校・高等学校 入試広報室
電話:052-858-2200 
時間帯:日曜日・祝日を除き9時〜16時(土曜日は正午まで)
電子メール:junior@nihs.ed.jp


Share    

ページの上部へBack to Top