入学案内

名古屋国際中学校はいつ開校した学校ですか?

平成15年(2003年)に開校した男女共学の中高一貫校です。

キャンパスはどこにあるのでしょうか。

名古屋市昭和区の「御器所駅」から東へ徒歩5分に位置しています。地下鉄鶴舞線と桜通線の両方が利用でき、とても通学しやすい場所です。学校周辺は落ち着いた住宅街で、御器所駅からの通学路は夜でも明るく整備されていて安心です。

自転車通学は可能ですか。

定められた手続きを行うことで自転車通学は可能となります。

帰国生徒の受け入れはしていますか。

受け入れていますが、本校は帰国生徒だけが入学する学校ではありません。在学生のほとんどが一般の受験による生徒です。本校は英語を身につけて将来に活かしたい生徒が集まる私立学校で、いわゆるインターナショナルスクールではありません。

授業はすべて英語で行われるのですか。

原則として英語以外の授業が英語で行われることはありません。ただ、学校生活の様々な場面で自然に英語が使われることが多い学校です。なお、現在、総合的でバランスのとれた世界水準のカリキュラムの導入を計画しています。

外国籍の生徒が多いですか。

いわゆるインターナショナルスクールではありませんので、外国籍の生徒が特に多いわけではありません。本校の出願要件を満たしていれば、国籍等に関係なく受験することができます。

高等学校課程(3年制)ではどのような科(コース)がありますか。

普通科と国際教養科があります。
普通科は、国公立大学を目指す特別進学講座で徹底した受験対策を実施します。
国際教養科では、国際社会は羽ばたくために欠かせない英語教育に力を注いでいます。

国際教養科では英語の他にどんな外国語が学べますか。

3年生で、フランス語か中国語を選択できます。また、「土曜講座」にも、フランス語講座と中国語講座を開講しています。

留学制度がありますか。

本校が定めた要件を満たせば、1年間の留学が可能です。帰国後に留学単位35単位の認定を受けることによって、学年を下げることなく進級できます。

生徒のレベルに応じた授業クラス編成はありますか。

ネイティブインストラクターの授業は習熟度別の少人数で実施しています。
中学校課程では、数学と英語も習熟度別の授業を行っています。

塾へ通う必要はありますか。

本校では通常以外に、課外補習授業、基礎英数講座、GLP(Global Leadership Program)、そして特別進学講座などを開講していますので、通塾の必要性はありません。

学期途中からのカリキュラムの変更はありますか。

変更はありません。毎年4月に全学年の生徒に配布する全教科のシラバス(学習指導計画)にそって授業を進めています。シラバスには、教科の「目標」「進度」「評価の基準」、さらには教科担当からの励ましのメッセージも記載されており、1年間の学習の基本となっています。

2学期制ですか、3学期制ですか。

本校は3学期制をとっています。

部活動は全員加入ですか。

様々な習い事など学校外の活動を熱心に行って成果を上げている生徒も多いので、全員加入ではありませんが、充実した学校生活を送るためにも部活動への参加を奨励しています。

部活動の練習時刻は何時までですか。

最終下校時刻が18時30分(4月〜10月)もしくは18時(11月〜3月)ですので、部活動はその時刻までには終了します。

中高一貫コースとは、どのような形態ですか。

学校法人栗本学園が名古屋国際中学校と名古屋国際高等学校を設置して接続する「併設型」の中高一貫校です。


Share    

ページの上部へBack to Top