本校の特徴

私たち名古屋国際は、先進の国際教育を組み入れた中高一貫教育を通じて、21世紀の国際社会が求める「未来の国際人」を育成します。

国際的な視野に立って物事を考える能力

海外の国々で起きている事柄を、自国で起きているのと同じように感じる感性を持つことから始まります。そして、異文化つまり国際社会の多様性を理解することで、その視野は次第に広がります。しかしながら、日本での日常生活でそれをなし得るのは容易ではありません。自分自身のものの見方や感じ方を根底から覆す機会となりうる海外での生活を経験することが有益と言えるでしょう。

外国語でコミュニケーションする能力

現代社会では、英語によるコミュニケーション能力が重要視されています。英語は、「 language for wider communication 」とも呼ばれ、異文化間のコミュニケーションにおいて広く使用される国際共通語として認知されています。英語は自国の文化や習慣を海外の人々へ説明することができる言語であり、英語を母国語としない国々の文化を知るための言語でもあるのです。国際的な場面で自分を正確に表現するツールとして、英語を学び、使うことは必要不可欠とも言えます。

寛容な態度をもって問題を解決する能力

異文化間で育った人間同士が交流するとき、価値観の相違や先入観による摩擦を生じる可能性があります。この摩擦が複雑で深刻な問題に発展することを防げるのは、他者への寛容な態度です。摩擦の発端となった問題点を正しく認識し、どのように話し合い、そして解決すべきかが重要です。そのためにも幅広い分野の基礎的な知識を充分に身につけておく必要があります。


Share    

ページの上部へBack to Top