学校概要

栗本学園における教育の理念は、「フロンティア・スピリット(開拓者精神)」の涵養という一語に尽きます。本学園の創立者である栗本祐一先生は、若き日に、カナダ西部のアルバータ州にある州立アルバータ大学に留学しました。留学中に、カナダ人が西部大開発に費やすエネルギーに触発されて、自然に開拓者精神を体得し、その哲学を自己の生涯の指針として持ち続けました。本学園の創立に際しても、開拓者精神を教育の根底に据えました。その理念は現在に至るまで受け継がれているのです。この開拓者精神の神髄について栗本祐一先生は次のように語っています。


栗本学園創立者 栗本 祐一

栗本学園創立者 栗本 祐一

『本学における教育の基本姿勢は、開拓者精神の浸透であり、これが本学の教育理念と方法の淵源である。開拓者精神を端的に説くことは難しいが、元来は、山野荒地を拓いて人間の住むに適した社会を創るために刻苦する魂であり、新しい分野を拓いて人類社会のために尽くす不屈な人生を意味するものであり、アメリカやカナダの広大な新天地を拓いて、新国家の建設を成し遂げた開拓時代の強靭な精神を称えた「フロンティア・スピリット」を指すものである。この一語を我にも人にも繰り返し説き聞かせつつ今日におよんだのであり、学園の歴史の頁にこの魂の込められていないものは一つもない。来り学ぶ学生の進路を創造し、己自身の開発と将来において活躍する分野を開拓することこそ、建学の精神なのである。』

現代において開拓者精神が導く方向は、世界に通じる見識を備えた国際的なよき日本人です。それは世界が、そして世界の中の日本が求めているのです。このようなリーダーシップを備えた日本人の育成には国際教育を実践する教育環境がきわめて重要です。名古屋国際中学校・高等学校は開拓者精神を有する国際的な日本人の育成に取り組んでいます。


Share    

ページの上部へBack to Top