学校概要

沿革

学校の沿革
昭和10年度
(1935年)
名古屋鉄道学校創立
昭和23年度
(1948年)
光陵高等学校創立
昭和28年度
(1953年)
名古屋商科大学創立
平成2年度
(1990年)
名古屋商科大学大学院開設
平成15年度
(2003年)
名古屋国際中学校設置認可
名古屋国際中学校開校(初代校長ジョージ・プルイト)
平成16年度
(2004年)
初めてのロンドン語学研修(5泊7日)を第2学年で実施
硬式テニス部、東海大会団体戦出場(4位)
平成17年度
(2005年)
2005年日本国際博覧会(愛・地球博)カナダナショナルデーおいてカナダ国歌を斉唱
硬式テニス部、全国中学テニス選手権大会団体戦出場
コンソレーション準優勝
第1回光楓祭を実施(国際理解講演会を併催)
第1回立志式を挙行
平成18年度
(2006年)
男女陸上ホッケー部が東海大会に出場
第1回国際理解研修を実施
カナダ国アルバータ州エドモントンおよびアメリカ合衆国ニューヨークを訪問
平成19年度
(2007年)
全日本中学生ホッケー選手権大会に男子が出場
全国私立大学付属・併設中学校・高等学校教育研究研修会(私学サミット)開催。(全国54校から約150名の参加)
平成20年度
(2008年)
硬式テニス部女子個人がインターハイ出場
第1回フロンティアカップ(英語スピーチコンテスト)を開催
「国際理解教育における英語コミュニケーション能力の向上」をテーマとして文部科学省教育改革推進モデル事業採択
高円宮杯全日本中学校英語弁論大会愛知県大会最優秀、全国大会出場
中高一貫1期生卒業
平成21年度
(2009年)
硬式テニス部女子個人全国中学生テニス選手権大会ベスト16
同インターハイベスト32
高円宮杯全日本中学校英語弁論大会全国大会決勝進出
Green View School(シンガポール)の生徒が来校
平成22年度
(2010年)
Green View School(シンガポール)の生徒が来校
陸上ホッケー部男子インターハイ出場
硬式テニス部女子3名が全国中学生テニス選手権大会出場
Yio Chu Kang Secondary School(シンガポール)へ訪問
平成23年度
(2011年)
国際理解研修にマニラコースを新設
陸上ホッケー部男子インターハイ出場
La Salle Green Hills(フィリピン)の生徒が来校
平成24年度
(2012年)
Kanchananukroh High School(タイ)の生徒が来校
Yio Chu Kang Secondary School(シンガポール)の生徒が来校
陸上ホッケー部男子インターハイ出場
Nelson College(ニュージーランド)の生徒が来校
Altrincham Grammer School for Girls(イギリス)の生徒が来校
ハーバード・MITプログラム開始
平成25年度
(2013年)
国際バカロレア・ディプロマプログラム候補校(9月1日付)
文部科学省スーパーグローバルハイスクール・アソシエイト指定を採択

Share    

ページの上部へBack to Top