高大一貫クラス

2022年度<新設>高大一貫クラス

経済学部、経営学部、商学部、国際学部を展開し、活発なアクティブラーニングと海外留学を通じて県内トップレベルの就職率を実現する名古屋商科大学(系列大学)への進学を有利に進めることが可能です。

◎大学入試を有利に展開する高大接続

名古屋商科大学への進学を第一志望とする生徒のためのクラスです。学内基準を満たせば、名古屋国際高等学校の卒業と同時に名古屋商科大学への入学が認められます。本クラスへの進級は、普通科 国際バカロレアクラスを除く、全ての学科・クラス(中高一貫高校課程・普通科 グローバル探究クラス・国際教養科)から高校3年進級時に選択することが可能です。


中学入試から高大一貫クラスへのフローチャート


高校入試から高大一貫クラスへのフローチャート


◎探究的な学びを深める学習活動

カリキュラムはSDGs(持続可能な開発目標)を中心に据え、国際系、経済系、経営系、商学系の学問を総合的な探究の時間を中心に学習します。大学入試をゴールとせず、国際ボランティアや海外留学など、名古屋商科大学と連携したプログラムで高校3年次であっても、自身の活動の幅を広げることが可能です。


◎名古屋商科大学


各分野のランキング順位

国際性の分野
(東海・北陸地区/総合)

教育充実度の分野
(東海・北陸地区/経済・経営系/総合)

順位大学名
1名古屋商科大学
2名古屋外国語大学
3豊橋技術科学大学
4名古屋大学
5南山大学

順位大学名
1名古屋大学
2南山大学
3名古屋商科大学
4中京大学
5愛知大学


「THE 世界大学ランキング日本版2021*」において名古屋商科大学は「国際性の分野」において東海北陸地区で第1位、国内では第16位(経済経営系で国内6位)にランクインした他、「教育充実度の分野」において東海北陸地区の経済・経営系の大学で第3位(私立大学内では第2位)にランクインしました。


THE 世界大学ランキングとは
THE 世界大学ランキング 日本版は、「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」という4分野で構成され、大学の教育力を総合的に評価。 国内の偏差値による大学評価から、世界的な評価の仕方へと転換するランキングとして注目されています。