普通科 グローバル探究クラス

現代のグローバル社会にはばたいていく新しい世代には「真の学ぶ力」が求められています。いわゆる一問一答型の知識や技能の習得だけではなく、主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)を通じた思考力・判断力・表現力の修養や主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を身につける必要があります。グローバル探究コースでは、文部科学省「地域と協働による高等学校教育推進事業(グローカル型)」の指定校(全国で20校)として、自治体・大学・産業界とコンソーシアムを構築し、地域からSDGsの達成を目指す探究的なカリキュラムを実践し、世界の国へ自らの考えを発信できる人材を育成します。


グローバル探究クラスの特徴

1 理系対応カリキュラム+豊富な英語単位数

理系・文系どちらにも対応するカリキュラムと標準以上の英語単位数(ネイティブインストラクターの指導を含む)で学力を伸ばします。

2 グローバル視点+ローカル視点+アクティブラーニング

本校独自の科目「SIA特論」。環境や減災などの社会課題を国際的な視野とアクティブラーニングで学びます。

3 目的地を選択できる国際理解研修【希望制】

国際ボランティア、環境学習、リーダーシップ研修、語学研修などそれぞれの目的意識を持ち、主体的に海外研修を選択します。

4 プレミアム・イングリッシュシーケンス

「英語4技能検定対策講座」と留学生との交流を楽しむ「English Zone」で英語力をしっかり身につけます(英語3級から準1級レベルまで)。

5 大学入試を通過点にできるキャリア教育

大学入試をゴールではなく、その後のキャリアをSGDs(持続可能な開発目標)から描けるように指導し、「スタディサプリ」を活用して進路実現を目指します。(「JAPAN e-Portfolioとも連携」

カリキュラム

志望大学現役合格という大きな目標の実現には、3年間のたゆまぬ努力が必要です。そのためには、生徒・保護者・教員の三者が連携し、信頼関係のもとに生徒にとって最良の進路選択を導かねばなりません。学習習慣の確立から職業観の育成、文理選択と受験校の決定まで、生徒一人ひとりに適した進路指導を行います。理系進学希望者にも充分対応した学習効果の高いカリキュラムがそれを支えます。

時間割