未来共生ウォーターコンソーシアム設置要綱

未来共生ウォーターコンソーシアム設置要綱                

(名称)
第1条 本会は、未来共生ウォーターコンソーシアム(以下、「コンソーシアム」と称す)という。
             
(目的)
第2条 コンソーシアムは、水資源の視点に立脚した教育研究の推進を通じて、持続可能な未来社会を創造できるグローバルリーダーの育成を先導するとともに、 広く地域から世界にネットワークを広げ、教育機関、企業、関係団体、学識経験者、行政機関等と協働で、水を通じたサステイナブルな地域社会の実現を目指していく。
             
(事業)
第3条 コンソーシアムは、前条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行うものとする。
・フィールドワーク等による地域課題の発見や解決のための調査・分析
・地域の課題解決に向けた個別プロジェクトの立案・実施
・地域の課題解決に向けた実証実験への協力・実施
・インターネット等を活用した情報発信
・その他コンソーシアムの目的を達成するために必要な事業
             
(会員資格)
第4条 コンソーシアムは、第2条の目的に賛同する教育機関、企業、関係団体、学識経験者、行政機関等(以下、「会員」という。)で構成する。
2 コンソーシアムの会員になろうとする者は、入会申込書を提出し、コンソーシアム会長の承認を得るものとする。
3 会員がコンソーシアムを退会しようとするときは、その旨を届け出なければならない。
             
(会長)
第5条 コンソーシアムに、会長を置く。                    
2 会長は、学校法人栗本学園 名古屋国際中学校・高等学校 学校長をもってあてる。
             
(職務)
第6条 会長は、コンソーシアムを代表し、会務を総理する。                
2 会長が事故等により不在のときは、会長が指名する者がその職務を代理する。
                     
(総会等)
第7条 コンソーシアムに、総会を置く。    
2 コンソーシアムに、専門的事項について調査、研究等を行うためのワーキンググループを置くことができる。
3 総会及びワーキンググループ(以下、「総会等」という。)の運営に関し必 要な事項は、別に定める。
             
(構成)
第8条 総会等は、会員をもって構成する。
             
(招集)
第9条 総会は、会長が招集する。
             
(庶務)
第10条 コンソーシアムの事務局は、学校法人栗本学園 名古屋国際中学校・高等学校に置く。
             
(雑則)
第11条 この要領に定めるもののほか、コンソーシアムの運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。
             
附則 この要領は、令和2年2月14日から施行する。