緊急事態宣言解除に伴う授業措置について

 

2021年2月26日

全校生徒及び保護者の皆様   

名古屋国際中学校・高等学校  

校⻑  小林  格          

 

緊急事態宣言解除に伴う授業措置について

 

 余寒の候、保護者の皆様にはご健勝のことと存じます。COVID-19感染拡大の影響により実施しておりましたハイブリッド形式での授業ですが、愛知県における緊急事態宣言が解除された場合(まん延防止等重点措置への移行も含みます)には通常の登校型授業に移行します。例えば、2月26日(金)〜2月28日(日)の期間に愛知県における緊急事態宣言が解除された場合、3月2日(火)より通常の登校型授業へ全面的に移行します。(この期間に緊急事態宣言が解除されない場合はハイブリッド形式での授業を継続します)

緊急事態宣言が解除されても、COVID-19 が危険なものであることに変わりありません。まだまだ気を緩めずに生活することが、これからも私たちに求められています。本校では、文部科学省や愛知県の指針に沿って教育活動を実施して参ります。ご家庭におかれましても、毎朝の検温やマスクの着用など感染症対策をしっかり行っていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

つきましては、学校が通常登校で再開される場合は、下記の「学校の通常授業再開における注意事項について」をよく読み、安全な授業再開が実施できるよう、ご協力をお願いいたします。

 

学校の通常授業再開における注意事項について

 

感染症拡散防止対策として、学校再開時においては以下の事柄に注意をしてください。

【登校前】
 ・登校前の検温

保健室から配布された健康観察カードを利用し、毎朝、登校前に体温を測ってください。体温測定をしていない生徒は校内への立ち入りを認めません。また、密集を避けるため、学校での体温測定はしません。 発熱等の風邪症状が見られる場合には、登校を見合わせ、自宅で休養してください。万が一、生徒、保護者、教職員が感染者や濃厚接触者となった場合には、保健所及び関係機関と本校が連携し、対応することになります。

 ・マスクの着用(最初の登校日から当分の間)

登下校時、そして校内にいる間もマスクを必ず着用してください。教職員も同じようにマスクの着用を義務づけます。マスクを着用していない場合には、校内への立ち入りを認めません。

【登校中】
 ・御器所駅構内や駅からの通学路においては、生徒同士で固まらず、距離をしっかりと保ってください。

【学校内】
 (校舎入館時)
 ・校舎入口で手の消毒を必ず実施してください。

 ・マスクを必ず着用してください。

 ・開いているドアや窓を閉めないでください。

 ・友達と会話をする際には、必ず離れること(距離)を意識してください。

 ・握手、タッチやハグ等、相手に触れる行為は控えてください。

 (授業時)
 ・前後左右の机間距離をしっかりと保ってください。

 ・教科書等の貸し借りはしないようにしてください。

 ・横を向いての会話や、後ろを向いての会話は控えてください。

 (放課時)
 ・トイレ使用後は必ず石鹸液を使用しての手洗い、また消毒を実施してください。

 ・トイレに大勢の人数で入らないよう注意してください。

 ・階段の手すりやバルコニーの手すり、壁をむやみに触らないでください。

 (昼食時)
 ・購買は当面の間、実施しません。

 ・食事の前は必ず石鹸を使用しての手洗いを実施してください。

 ・マスクを取りますので、多目的教室等を積極的に使用して、友達との距離を十分に取り、対面に座らないよう気をつけてください。

 ・教室で食べる際には机を向き合わせにしない、対面にならない、距離を十分にとって座ってください。

 ・飛沫を飛ばさないよう、会話はできるだけ控えてください。

 ・お弁当や飲み物を友達同士でシェアすることはしないでください。

 ・昼食後はすぐにマスクをつけてください。

(部活動時)
 ・各顧問に従い、部活動においても感染防止対策をしっかりと守ってください。

いずれも本校で感染やクラスターを発生させないための重要なルールです。窮屈ではありますが早く安心・安全な学校生活を取り戻すために、皆さんの協力をお願いします。