文部科学省WWL構築支援事業

文部科学省 WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業

文部科学省は、新たな時代に向けた学びの変革、取り組むべき施策(Society 5.0に向けたリーディング・プロジェクト)の一つとして、高大接続改革にもとづくWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム(以下「WWLコンソーシアム」という。)の創設を目指しています。WWLコンソーシアムは、高度かつ多彩な科目内容を、生徒個人の興味・関心・特性に応じて履修可能とする高校生の学習プログラムの開発と実践を担うものです。WWLコンソーシアムの中心である拠点校は、高校生6万人あたり1か所を目安に整備され、すべての高校生が参加可能な仕組みを創ります。将来新たな社会を牽引し、世界で活躍できるビジョンや資質・能力を有したイノベーティブなグローバル人材を育成するため、高等学校等と国内外の大学、企業、国際機関等が協働し、テーマを通じた高校生国際会議の開催等、高校生へ高度な学びを提供する仕組みである「アドバンスト・ラーニング・ネットワーク(ALネットワーク)」を形成し、将来的にWWLコンソーシアムへとつなげます。(文部科学省令和3年度WWLビジュアル資料)


研究開発名


ニューノーマル時代の地方創生を加速する高校生グレーター・ナゴヤ・プロジェクト


研究開発の概要


本構想は、ALネットワーク「高校生によるグレーター・ナゴヤ・プロジェクト」を活用したニューノーマル時代に生きるグローバル人材を育成するものです。「自らの地域課題の発見と解決に向けたアイディアの創出と実践」と連携校で共通の研究要素とし、拠点校では地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)の研究課題の発展課題を行います。生徒は、地域や国ごとの実践活動に対し、より専門的・先進的な知識の習得や議論を行うために仮想空間Meta-Schoolに参加し、自らの学校以外で多様な学びを体験できる場を得ます。その過程において、事業協働機関との協働活動や留学生の交流等により、イノベーティブな人材の素養として必要なスタート・アップ・マインドを獲得します。国際会議では、生徒・教員それぞれが議論する場を作ります。また、WWL対話セッションでは、一般参加者も踏まえ、本事業を広く啓発していきます。


研究開発概念図



活動予定/活動報告


日時タイトル
2023年2月4日WWL対話セッション2022(予定)
2022年12月27日高校生国際会議(予定)
2022年12月18日2022年度全国高校生フォーラム参加(予定)
2022年10月28日第4回カリキュラム開発会議(予定)
2022年10月13日教員研修(テーマ:「メタバース」 取り組みの共有と今後に向けた検討)資料
2022年9月23日24日光楓祭にてメタバースのパイロット運用
2022年9月2日第3回カリキュラム開発会議
2022年7月22日第2回カリキュラム開発会議
2022年7月1日WWL・SGHネットワーク令和4年度連絡協議会参加詳細
2022年6月24日第1回カリキュラム開発会議
2022年6月6日第1回ALネットワーク運営委員会詳細
2022年4月文部科学省 WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業採択詳細