沿革

名古屋国際の沿革

1994年名古屋国際高等学校へ校名変更 国際教養科の設置
2001年4月第一期中長期計画ビジョン実行開始
2001年7月新校舎クラスター型ドームキャンパス着工
2003年3月新校舎クラスター型ドームキャンパス竣工
2003年4月名古屋国際中学校開校 中高一貫教育の開始
2005年8月東グラウンドの多目的機能人工芝の整備
2007年全国私立大学付属・併設中学校・高等学校教育研究研修会(私学サミット)開催
2008年4月文部科学省 教育改革推進モデル事業採択
2008年10月西グラウンドの多目的機能人工芝の整備
2013年9月国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)候補校
体育館の大規模改修により格技場およびクラブ室の整備
2013年11月東グラウンド夜間LED照明ライトの整備
2014年高大連携推進のため双方向テレビ会議システムの導入
2014年9月第二期中長期計画ビジョン「Next Frontier 2025」策定開始
2014年10月国際バカロレア機構による認定訪問
2014年11月ユネスコスクール認定校
2014年12月国際バカロレア機構の基準を満たした理科実験室への改修工事
国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)認定校
2015年1月文部科学省 教育課程特例校の指定を受ける
2015年4月文部科学省 スーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト校採択
2016年3月コンピュータ室のアクティブラーニング対応整備
第二期中長期計画ビジョン「Next Frontier 2025」実行開始
2016年6月文部科学省委託事業「ESD重点校形成事業・サステイナブルスクール」の認定
を受ける
2016年8月国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)履修生対象教室のアクティブ
ラーニング対応整備
2017年8月東海地区の教育関係者を対象に国際バカロレア機構IBワークショップ
(IBAP DP Cat l Workshops)を開催
2018年4月名古屋商科大学に国際学部を新設
2018年4月名古屋国際中学校・高等学校サッカー部とACミランがコラボレーション
ACミランメソッドトレーニングの受講が可能となる
2019年4月文部科学省 地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)採択